Uber Eatsまとめ 登録方法

Uber Eatsレストランパートナー加盟店舗登録・出店手数料・飲食店側の費用について

更新日:

Uber Eatsレストランパートナー加盟店舗登録・出店手数料・飲食店側の費用について
Uber Eats(ウーバーイーツ) レストランパートナー

当ページは、東京都新宿区にあるUber Eats(ウーバーイーツ)レストランパートナー加盟店(8店舗経営)のオーナー様のノウハウをもとに作成されました。飲食店を登録すべきか検討中の経営者様に安心して閲覧いただけます。

Uber Eats レストランパートナー募集

登録方法はこちら

※最大2ヶ月待ち

Uber Eats(ウーバーイーツ)レストランパートナー加盟店舗とは

Uber Eats(ウーバーイーツ)レストランパートナーとは、Uber Japanと契約を結びUber Eatsで料理を販売することができます。

のれんわけ、FC(フランチャイズ)レストランと違い、Uber Eats注文アプリ上にデリバリー店舗を出店登録するイメージです。

配達スタッフは一切不要です

配達スタッフは一切不要です

出前館などのオンラインデリバリー出前サービスでは、自社で配達スタッフを雇用する必要がありました。

しかしUber Eatsの加盟店舗に登録すると、個人の配達パートナー(個人事業者)を利用できます。

アルバイトスタッフのように配達パートナーに給料を支払う必要はありません。

続いて、Uber Eats(ウーバーイーツ)出店にかかる費用を見ていきましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)レストランパートナー店舗登録にかかる費用・手数料

Uber Eats(ウーバーイーツ)レストランパートナー店舗登録にかかる費用・手数料

Uber Eats(ウーバーイーツ)レストランパートナー出店にかかる費用は初期費用5万円と売上手数料35%の2点です。

のれんわけやFC(フランチャイズ)の場合、飲食店開業時に数百万と毎月ロイヤリティー(2~5万)が発生します。

一方、Uber Eats(ウーバーイーツ)レストランパートナーの加盟店登録は初期コストおよび、固定費が安く、低リスクでデリバリー店舗をオープンできます。

レストラン店舗登録にかかる費用・5万円の内訳

Uber Eats(ウーバーイーツ)レストラン店舗登録には初期費用5万円かかります。

加盟店舗登録の初期費用に含まれる手数料は以下の内容です。

  • システム設定(注文アプリから店舗端末にオーダーが入る仕組み)
  • 業務レクチャー(端末の操作および設定方法を説明)
  • 登録手数料(Uber Eats注文アプリに反映作業)

写真撮影・メニュー文字おこしに別途費用がかかる

※2020年時点:Uber Eats加盟店舗登録時の料理写真撮影のみ初期費用5万円に含まれます。以後、メニュー更新時は店舗側で写真撮影をおこないます。

Uber側で撮影した料理写真の権利はすべてUberに帰属するので他のデリバリーサービスで利用したい方は注意が必要です。

  • 写真撮影(カメラマンに外注しましょう)
  • メニュー作成(エクセルに書き出します)

レストラン側・飲食店の売上手数料は35%です

レストラン側・飲食店の売上手数料は35%です

レストランパートナー(加盟店舗)はUber Eatsで稼いだ毎週の売上から35%差し引いた金額をUber Japanから受け取ります。

例:売上2,000円 × Uber手数料0.65 =店舗利益1,300円が振り込まれる

Uber Eatsの料理代を高く設定しましょう

Uber Eats(ウーバーイーツ)店舗側にかかる手数料は35%です。実店舗の料金設定では大赤字になります。Uber Eats注文アプリに出品する料理代を高めに設定し、Uber手数料(35%)、食材原価を引いて利益を残します。

例:オムライス 店舗価格=> 800円 Uber注文価格=> 1,280円にする

※別途Uber Eatsの販売金額に容器・カラトリー代を上乗せしましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)レストランパートナー加盟店舗の登録方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)レストランパートナー加盟店舗に登録して飲食店を出店する方法をお伝えします。

Uber Eatsレストランパートナー公式登録フォームをご覧ください

ウーバーイーツレストランパートナー加盟店舗に登録する方法
Uber Eats レストランパートナー登録画面イメージ

上図のような公式登録ページが開きます。

飲食店名(屋号)を入力します *後から変更可能
店舗所在地を入力します *住所が変わる移動キッチンカーは不可
階数/部屋番号を入力します *任意です
名前を入力します *登録者の氏名
名前をひらがなで入力します
電話番号を入力します *先頭の0は省略
メールアドレスを入力します
登録店舗数を選択します *Uberに加盟する店舗数
料理の種類を選択します
最後に送信ボタンを押します *後日担当者から連絡あり

【詳しい解説はこちら】» Uber Eatsレストラン登録方法

レストランパートナーに登録後、Uber担当者より電話確認がきます。登録内容に間違えなく、登録条件を満たしていれば正式に審査を開始します。
登録前に相談だけしたい」という方はお問い合わせを利用しましょう。

レストランパートナー登録から開店までの流れ

レストランパートナー登録から開店までの流れ

ここではUber Eats(ウーバーイーツ)レストランパートナーに登録後、実際に注文オーダーを受注するまでの流れを記します。

  1. 加盟店レストランパートナー登録をおこなう
  2. Uber担当者と電話案内の予約をおこなう
  3. 30分ほどレクチャーを受ける
  4. 電子契約書を交わす
  5. メニュー作成、料理の写真撮影
  6. タブレット端末の設定
  7. タブレット操作の研修
  8. 営業開始

コロナの影響により、加盟店舗の登録が殺到しており、2020年9月時点、上記1~8まで約2ヶ月間かかります

Uber Eats加盟店を検討される方は「やるやらないは別として」事前に店舗登録しておくことをおすすめします。

Uber Eats(ウーバーイーツ)レストランパートナーに出店するイメージ

Uber Eats(ウーバーイーツ)レストランパートナーに出店するイメージ

配達完全委託型 Uber Eats(ウーバーイーツ)加盟店側の仕組みを簡単に解説します。

通常、デリバリー宅配を行う飲食店は自社で配達スタッフを雇用する必要があります。自社電話受付システム、出前サービス利用(出前館など)では配達人件費がデリバリー事業の参入障壁でした。

Uber Eats 配達パートナーに業務委託する仕組み

Uber Eats (ウーバーイーツ)全体の仕組みを図解で説明する画像

Uber Eatsの加盟店舗に注文が入った際、Uberの独自配車システムが自動的に近くの配達パートナーを手配します。

より詳しく知りたい方は「Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組み」をご覧いただけます。

ウーバーイーツ(Uber Eats)仕組みについての画像
Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組みを知ろう!【デリバリー革命】 

続きを見る

レストラン加盟店舗側は作るだけでOK

Uber Eats注文アプリからオーダーを受け付けると、加盟店舗に設置したタブレット端末(スマホも可)の画面がひかり、受注BGMが流れます。

文字で説明するよりも実際の流れを見たほうがわかりやすいでしょう。

Uber Eatsレストラン端末はいつでもオン・オフできる

飲食店の実店舗とUber Eatsの店舗を同時にこなす場合、超多忙となり対応しきれないことがあります。

都内(新宿区)にあるUber Eats加盟店舗のマネージャーの方は実店舗(リアルなお店)の対応を第1優先と決め、混み合うランチタイム、ディナータイムにあえてUber Eatsの注文を停止されております。

加盟店に設置したレストラン専用端末の注文停止ボタンを停止するだけで即時オーダーがストップするので安心です。また注文受付ボタンを開始すればオーダーが入ります。

レストラン端末から客単価・リピート率をみれる

ウーバーイーツ稼げる金額と時給のイメージ

Uber Eatsレストランパートナーの加盟店舗は自社のUber注文システム(レストランマネージャー)に備わった「分析ツール」を活用いただけます。分析ツールで役立つ指標は以下の項目です。

  • 日別の売上
  • 客単価
  • 新規/リピーター数
  • 料理ごとのユーザー評価

その他、閲覧から購入に至った数など、Uber Eats注文システムでは、オンラインショップなみの分析ツールを使えます。経営者に必須のアイテムなので最高です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)レストランパートナー出店メリット・デメリット

Uber Eats(ウーバーイーツ)レストランパートナー出店メリット・デメリット

最後にUber Eats(ウーバーイーツ)レストランパートナー加盟店舗のオーナー様に伺った生の声(メリット・デメリット)をご紹介します。

ココがおすすめ

  • 初期コスト(5万)だけで店舗展開できる
  • 売れたら手数料のため固定費がかからない
  • デリバリー売上のおかげでコロナ外出自粛中に生き残れた
  • Uber側でTVコマーシャルや広告宣伝してくれる
  • Uber Eatsをみて店舗に来店されるお客様が増えた
  • Uber Eatsのファンが店舗に来店してくれる
  • 配達スタッフを雇用せずデリバリー事業に参入できる
  • 飲食店の家賃はUberの売上で十分ペイできる

続いてデメリットをお聞きしました。

ココが大変かも

  • 料理追加などシステムに慣れるまでに時間がかかる
  • 新規メニュー追加の写真撮影、文字登録が大変
  • 店内とUber注文が重なりサービスの質がおちる
  • 容器やカラトリーの管理が大変
  • 食材在庫が増え、管理が大変
  • ランチ、ディナーのピークタイムだけ人材を増やす工夫がいる
  • 出店地域によっては配達パートナーが集まらない(Uber問い合わせの手間)

※ピークタイムとはUber Eats注文が殺到する時間帯です。ランチ(11:30-13:30) ディナー(19:00-21:00)

以上、Uber Eats(ウーバーイーツ)レストランパートナーに飲食店を出店して加盟店になるメリット・デメリットでした。こちらは5名の異なるオーナーさまに確認したリアルな声となっております。

関連記事
Uber Eats(ウーバーイーツ)レストランパートナーに出店するデメリットとは

続きを見る

加盟店舗様の成功事例を配信予定

ウーバーイーツ加盟店舗様の成功事例を配信予定

Uber Eats レストランパートナー加盟店舗の成功事例を知りたい方向けに下記Twitterより随時配信いたします。失敗したくない方はフォローしてお待ちくださいませ。

【リアルな出店事例】
【タピオカ TOKYO NO.1 茶房】の出店事例
【大漁丼家】の出店事例
【アスラメイト株式会社】の出店事例

Uber Eats(ウーバーイーツ)レストランパートナーに店舗登録して加盟店になろう

2020年4月の緊急事態宣言以降、外食産業、飲食業界は致命的な状況に陥りました。いまだにコロナの影響で窮地に立たされていることでしょう。

Uber Eatsは在宅ワーカーや外出自粛生活する消費者に支持されています。

これまで一生懸命、大切にしてきた飲食店とお店のファンを守るため、Uber Eatsという1つの選択肢をどうかお考えください。

決断しきれないという方向けに、東京都内で8店舗経営されているUber Eats加盟店のオーナー様へコンタクトをお取りして、意見交換の場をつくります。

お気軽にお問い合わせください。

コロナでもあきらめず、一緒に前進しましょう。

大切なお店を守りませんか?

レストランパートナー登録フォーム

※Uber Eats公式ページ

-Uber Eatsまとめ, 登録方法

Copyright© Uber Eats ウーバーイーツ バイト速報 , 2020 All Rights Reserved.