Uber Eatsまとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)福岡で電動自転車・原付バイクをレンタルする方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)で直接レンタルなし

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは業務委託契約のため、自己所有の自転車、原付バイクが必要です。Uber 社から直接レンタルはございません。配達に適したレンタルサービスを検討しましょう。

福岡エリアおすすめ自転車・バイクレンタルサービス

短期~長期でレンタルする場合 - 自宅保管用

COGICOGI(電動自転車)

福岡のシェアサイクル(レンタサイクル)COGICOGI

リバース(原付バイク)

スクーターやカブのレンタル・リースもご好評いただいております。

数分~1日だけレンタルする場合 - 出稼ぎ用

HELLO CYCLING(電動自転車) 

HELLO CYCLING -どこでも借りられて好きな場所で返せる自転車シェア

ウーバーイーツバイトの登録方法

出前館とUber Eats の二刀流がおすすめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)に適した自転車・バイクとは

安ければ何でもいい。と考えがちですが、借りる自転車を間違えた... という声をよく耳にします。レンタル自転車の何がダメだったのか、シェアサイクルの正しい選び方を解説します。

福岡エリアは坂道が多いので電動自転車を借りるべき

レンタル自転車サービスの大半が電動アシスト自転車ですが、中には普通のクロスバイクやロードバイクも存在します。乗りたい自転車、カッコよさで選ぶ方もいますが、坂道が辛くなって、非電動タイプを借りたことに後悔するでしょう。福岡エリアは坂道が多いので、真面目に稼ぎたい方は電動アシストタイプを選びましょう。

電動自転車はバッテリー性能が重要です

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達に限り、電動自転車の性能は、バッテリーの持ち時間が重要です。収入イメージの距離をみればわかりますが、途中でバッテリーが切れた場合、約3キロの重りを積んだ自転車になりゲームオーバーです。1充電あたりの走行可能距離に注目して選びましょう。

免許があれば50ccよりも125ccが良い理由

50cc以下の原付バイクは30km制限、2段階右折、進入禁止道路が面倒です。原付特有の交通ルールのせいで、5分で行けるのに遠回りして10分かかる場合もあります。できれば制限を気にせず走れる宅配専用の三輪バイク(青ナンバー)、125ccのスクーターがおすすめです。

業務中の事故・損害賠償に対応しているか

自転車やバイクで配達中に人身事故を起こしてしまい、被害者から1000万円以上の損害賠償を請求されるケースが実際にあります。Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは対人・対物賠償責任を補償されますが、”配達中(自転車・原付バイク・バイク・軽自動車を利用する Uber Eats 配達パートナーが、配達リクエストを受けた時点から配達が完了、またはキャンセルするまでの間)に生じた事故に対して適用されます。” つまり配達完了後、駅へ向かっている途中に起きた事故は補償対象外です。念のため、レンタルサービス料に業務中の対人・対物補償が含まれるか確認しておきましょう。

» 配達パートナー向けサポートプログラム

ウーバーイーツバイトの登録方法

出前館とUber Eats の二刀流がおすすめ

福岡で自転車・バイクをレンタルする方法まとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)に適したレンタル自転車は電動アシストタイプです。電動自転車の性能はバッテリーの持ち時間が最重要です。たくさん稼ぎたい方は、見た目やレンタル価格よりも1充電当たりの最大走行距離に注意して選択しましょう。

» Uber Eats(ウーバーイーツ)って自転車でも稼げるの?時給1500円のバイトより稼ぐコツ教えます

いま、バイトより稼ぐチャンス!!

副業、Wワークにピッタリ!

Uber Eats 公式ページはコチラ

アプリをダウンロードしてすぐ開始!

-Uber Eatsまとめ

© 2021 Uber Eats ウーバーイーツバイト速報!