Uber Eatsまとめ バイト比較

Uber Eats(ウーバーイーツ)にシフトがないメリット・デメリットとは?

Uber Eats(ウーバーイーツ) にシフトはない

ご存じの通り、Uber Eats の配達パートナーにシフトはありません。他のアルバイトやパートと異なり、Uber Eats は業務委託になるためです。

当記事では、他のバイトやパートと違い、シフトがないこと (自由になること) のメリット・デメリットをお伝えします。

Uber Eats シフトがないメリット5つ

① 気が向いたら稼ぐ

他のアルバイトやパートでは前もってシフトを調整しますが、Uber Eats の配達パートナーは午前8時から深夜1時のあいだに好きなタイミングで稼げますシフトがないことで手に入る具体的なメリットをお伝えします。

① 好きなことを優先できる

  • 仕事中にゲームをやる
  • 仕事中に漫画を読む
  • 仕事中にお菓子を食べる
  • 仕事中に買い物をする

などなど、働く曜日や時間に決まりがないので、気の向くままやりたいことを優先できます。

② 他の都合を優先できる

  • 突発的な旅行
  • 子供の送り迎え
  • 仕事の予定
  • デートの予定

などなど、シフトに拘束されて動けない... というようなストレスがなくなります

③ 強制休日がない

店長やマネージャーからの「明日ヒマだから休んでいいよ」というバイト先都合の休みがなくなります。

④ 他の人を考える必要がない

申し訳ないんですが「あした代わってもらえませんか?」なんて、気を使う必要が今後一切なくなります。

⑤ 急な呼び出しがない

休みの日に店長から、「今日1時間だけでも出勤できないかなぁ」という、あのウザい電話がなくなります。

ウーバーイーツバイトの登録方法

出前館とUber Eats の二刀流がおすすめ

Uber Eats シフトがないデメリットもある

① ダラダラして結局ニート状態

シフトがないから、家でゴロゴロして結局1円も稼げない。なんてこともあります。自分に厳しくできない人はシフトが必要かもしれません...

② 本業にすると昼夜逆転しがち

Uber Eats の仕事は朝8時~深夜1時ごろまで好きなタイミングで働けるので、あさ寝坊し放題です。朝4時ごろに寝て昼過ぎに起床する生活習慣に陥るとなかなか抜け出せません...

③ 周囲の人に心配される

Uber Eats の仕事はシフトがなく、友人や家族の都合に合わせやすい一方で、「おまえいつも自由だけど、ちゃんと仕事してるの?」と若干心配され、不安定な仕事をしてる人だと勘違いされがちです...

ウーバーイーツバイトの登録方法

出前館とUber Eats の二刀流がおすすめ

Uber Eats(ウーバーイーツ) シフトまとめ 

シフトがない分、自分をしっかり管理する強い意志が求められます

「もう1時間だけゲームをしてから配達いこう」なんてやってると、本来稼げるはずの日給を下回るリスクもあります。

シフトがあるメリット・デメリットをよく考えて、配達パートナーを検討しましょう。

Uber Eats (ウーバーイーツ) 配達パートナー

今すぐ公式サイトで登録する

※全国で登録受付中

-Uber Eatsまとめ, バイト比較

© 2021 Uber Eats ウーバーイーツバイト速報!